スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランべリー

いつも新鮮な食材が食べれる、ランべりー。今回はどのような料理が
食べれるのか楽しみです。

R0013573.jpg
最初の一品。
 小鮎のフリット

R0013576.jpg
ホワイトアスパラガスとオレンジのジュレ&高知県産狼桃トマトとハーブのジュレ
二種類の面白い味。 

R0013577.jpg
自家製冷製パスタ 活きアワビとキャヴィア
アワビとパスタの組み合わせとても合います。旨い一品

R0013578.jpg
ウフ・ブルイエ エゾバフンウニと毛カニ添え

生地の卵の甘み、雲丹の甘みと毛がにの旨みがとても良いです。

R0013579.jpg
本日の釣り天然魚 潮の香り 大分県産 太刀魚のポワレ 春菊のソース

太刀魚の外側は、クルトンみたいなカリカリ感がとても好きな感触。
ソースは、オマール海老の出汁と春菊のソースは、とても太刀魚に合いました。

R0013583.jpg
メインの品
奈良県大和肉鶏のローストとブルター二ュ産オマール海老のフリカッセ

ソースは大和肉鶏のローストの旨み、オマール海老の出汁、食用ザリガニのエクルビス出汁の
三種類の旨みのソースです。

大和肉鶏旨いですね。

R0013585.jpg
サクランボのクラフティーとハイビスカスのジュレ レグリス(甘草)のグラス

デザートを担当している、森田氏。この方がランべりーに入ってからデザートの
レベルが上がったと思います。



料理 10点満点☆
雰囲気 9点
接客 10点満点☆
 


 
 
スポンサーサイト

乃し

京都は、北山の有名ケーキ店マールブランシェの裏手にお店はあります。

ご主人は祇園の鳥居本で長年修業後独立したそうです。

夜と同じ7000円懐石コースを選択しました。

R0013531.jpg

R0013533.jpg

R0013534.jpg

R0013535.jpg

R0013536.jpg

R0013537.jpg

R0013538.jpg

R0013539.jpg

R0013540.jpg

R0013541.jpg

R0013542.jpg


7000円でこの料理内容はお得感ありです。
カウンター席、個室も満席、人気が出るのも納得出来ます。

料理 7点
雰囲気 7点
接客 8点


R0013532.jpg
R0013528.jpg
R0013529.jpg






銀座青空

 いつも通りのおまかせで頼みました。

まこがれい
 まこがれい
いか
 いか
    いかの甘みが旨い。
赤身
 マグロ赤身
中トロ
 マグロ中トロ
大トロ
 マグロ大トロ
小肌
 小肌 
からすみこのわた
からすみ、このわた。
蒸しあわび
蒸しあわび

ここのあわびお気に入りの味です。
海老
海老
赤貝
赤貝
かすご
かすご
鯵

かつお
かつお
藁で蒸すかつお、好きな味です。
うに
むらさき雲丹
上のウニが北海道、下のウニが青森むらさき雲丹です。

両方とも甘みがあり、うれしくなる味です。
小柱 (3)
小柱
いつも通り粒の大きい小柱、とうぜん旨いですよ。
キス
きす
とり貝 (2)
とり貝
玉子、穴子
穴子、玉子焼き。
ここで二品切り札を、持っているのが銀座青空の良さです。

かんぴょう巻き
かんぴょう巻き
穴キュー巻き
穴子キュウリ巻き、約して穴キューです。
この穴キューは、あまり食べた記憶がないのですが、次回から頼もうかなと。

青空氏が冗談で、握りの技術が無いから素材をいいの選んでいるんですよーと
話していましたが、いい素材と青空氏の握り技術があるからこそ美味しいさが
いつも感じられます。

接客も、お茶の差し替えが早いのが良く気が利いているなといつも思いますね。
他店では、お茶が無くなっても、全然気が付かない店も結構ありますので。

今回の印象に残った品は、イカ、鮪中トロ、小肌、カラスミ、このわた、蒸しあわび、赤貝
                 かすご、カツオ、うに二種類とも、小柱、きす、アナゴ、玉子焼
                 穴キュー。



料理 9点
雰囲気8点
接客 9点


キューイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ

 新宿ハイアットリージェンシー東京1階にレストラン ミッシェル・トロワグロはあります。
 ミシュランガイド2009二つ☆です。
 
 レストランの入口付近の席は、厨房がガラス張りで

 料理を作っている姿が見えます。

 奥に縦長の店内の作りになっていました。
 
 料理はアラカルト、トロワグロのスペシャリテ3品を、オーダーしました。

 R0013022.jpg

R0013023.jpg
グリーンピースのスープグラス
西洋わさびの辛味の使い方が旨い一品。

R0013025.jpgR0013026.jpg
バジル、クルミ、ゴマシリアルバケットの3種類のパン。
バター入れが、変わった作りの器。

R0013024.jpg
三陸のホタテ貝 雲丹とわかめのフィーヌ・メルバ
トロワグロスペシャリテの1品目。

一番下に薄いトーストが、ひいてあります。
この味つけ好きですね、軽く食べてしまいます。

R0013028.jpg
鱈のパヴェ コシヒカリ・・・日本の想い
トロワグロスペシャリテの2品目

この料理は、かつお、昆布、白ワインのスープに、ビネガーの酸味の味、
トロワグロ氏のテーマに酸味の味がテーマのひとつになっています。

R0013029.jpg
R0013032.jpg
スパイシーな仔羊の背肉 ハリッサの香り
トロワグロスペシャリテ3品目

スパイスが強いかなと、一口目は思いましたが、2口目からはいがいと癖になる味でした。

R0013034.jpg
チョコ、ショウガ、バナナをライスペーパーで巻いた品。

R0013035.jpg
リュバーブとココナッツクルスティアン カレーの香り

カレーの香りが際立っていた一品。
R0013038.jpg



料理の酸味や辛味が印象に残る料理が多かったですね。

味の意外感を求める時は、行きたいと思います。

サービスの方々もとても良く、そのてんも好印象でした。


料理 7.5点
雰囲気 9点
接客  9点


R0013040.jpg
R0013041.jpg

R0013044.jpg
R0013043.jpg
一億円をかけて作った厨房です。





 







 
 
 

ランベリー

  R0013004.jpg
 アミューズ 上がキャッロット、下がビーフ、牛のアキレス腱で旨みを出しています。

R0013005.jpg
 冷製パスタ 下のグリーンソース アボガドとトマトのソース。

R0013007.jpg
左が牛肉とキャビア、右がマグロと白エビ 二種類の味が楽しめます。

R0013008.jpg
たち魚、上に筍。 山菜と黒オリーブを刻んだ物。

R0013009.jpg
メインは、バスク豚。

R0013012.jpg
デザート 愛媛 八幡浜のタロッコブラッドオレンジを使ったデザート。ソースはカシス。


料理の完成度は、流石の一言。
新しい料理にチャレンジする岸本シェフの才能は、いつも期待を裏切りません。

最近放送された、ワンコイン(500円()で料理を作る番組で、岸本シェフが勝利しました。
撮影時にいろいろ食材探しから、準備まで結構苦労した撮影だったそうです。



料理 10点満点
接客 10点満点
雰囲気 9点

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。